うだ脳神経外科クリニックのご案内






1,脳のホームドクターとしての診断・治療
頭痛、めまい、しびれ、まひ、うまくしゃべれない、ものが見えにくい、二重にみえる、顔が痛い・ぴくつく、けいれん、手のふるえなど上記症状に対して専門的診察・検査の後、適切な診断を行い治療いたします。
必要な方にはMRI(磁気共鳴撮影装置)検査を行い、脳病変の有無をチェックします。上記のような症状を自覚されている方は、当院にお気軽にご相談ください。
2,脳卒中の予防、診断、治療
脳神経外科専門医・脳卒中専門医・脳神経血管内治療指導医の3つの資格をもつ福岡市で唯一人(2009年3月現在)の院長が診療にあたります。
最新鋭のMRIを用いて迅速な脳卒中診断を行います。
脳卒中の要因となる脳血管病変の診断・動脈硬化の評価を行います。
脳卒中予防のための健康相談・生活指導を行います。
3,頭部外傷(けが)の処置
4,病診連携
入院が必要と判断された場合は、適切な医療施設に紹介いたします。地域の近隣の基幹病院ならびに九州大学病院脳神経外科・九州医療センターや関連施設と連携して診療する体制をとっております。
5,最新治療: 脳血管内手術・頸動脈ステント留置術
日本脳神経血管内治療学会指導医(*1)、頸動脈ステント留置術指導医(*2)である院長が、治療の相談を受けつます。
(*1)、(*2) 2009年3月現在福岡市内で院長のみ
6,最新医療システム
受付から会計まで一連の処理がスムーズにできるように院内を電子化します。
最新鋭のMRIを導入し、即日検査を実地します。さらにその結果も同日、ご説明できる体制をとります。MRI、レントゲン検査はすべて画像化し、診察室ではモニターを用いてその結果をご説明します。
当クリニックでは【予防】を考えた診療を行っております。
気になることがありましたら、ぜひお早めに、気軽にご相談ください。

※初診でMRI検査をご希望の方は、お電話によるお問い合わせが必要です。